ル・タンドールについて

ル・タンドールは、昭和2年から続く老舗洋食店「金時」をリニューアルオープンし、
平成16年に誕生しました。金時の頃と変わらずカジュアルにご利用頂きながらも、
本格的なフレンチを楽しんで頂けるレストランとして、お店づくりを心がけています。
私たちにとって、何より大切なのはお客様が居心地よく食事を楽しんで頂けること。
わからないことがあれば、お気軽にお尋ね下さい。
加藤朋之

食材へのこだわり

より美味しく、より安全な食材を。

野菜は極力千葉県、茨城県産の無農薬野菜、肉や魚は市場で直接その日のメニューに一番合った食材を仕入れています。
より美味しく、より安全なものをお客様にお届けしたい。それがル・タンドールの食材への思いです。
  • ランチメニュー
  • ディナーメニュー
  • パーティーメニュー
  • スペシャルコース

ワインへのこだわり

毎日お店で焼く、こだわりの自家製パン

フレンチに添えられる定番のパン。ル・タンドールでは、パンも「主役」の一人として
考えています。そのため、パンはすべて自家製でその日に焼いたパンをお出ししています。
全粒粉を使ったグラハムパン、プチフランスパン、ヴェノワパンの3種類。
ランチ、ディナーすべてのコースでおかわり自由となっていますので、存分にご堪能下さい。

ワインへのこだわり

大切なのは「お客様のご要望にお応えできること」

ソムリエが厳選したワインの品揃えは常時120種類以上。
リーズナブルなハウスワインから、アニバーサリーにご利用頂けるグランヴァンまで幅広く取り揃えております。
日々のお食事の中で楽しみたい方、大切な人との大切な日に特別な一本を探す方、お客様のご要望に最大限お応えすることが、私たちのポリシーです。
ワインリストを見る

ル・タンドールの歴史

ル・タンドールの前身「金時」は、昭和4年成田市で初めての洋食店としてオープンしました。
オープン当初から地元成田の方々にご愛顧いただき、お陰様で創業より八十余年。
ル・タンドールとは、フランス語で「金の時」を意味します。お客様に食事を通して幸せな「金の時」を過ごして頂きたい。
その思いは、創業当時から今まで脈々と受け継がれています。

店内ギャラリー